風俗 HIV 感染

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
社会人男性

社会人男性

社会人1年目のユウタさんは、風俗遊びが大好きでファッションヘルスに週1回は通っていました。

お給料が決して高くない彼にとって、そのようなお店に週1で通うことはとてもぜいたくなことですので、お金なんて貯まるはずがありません。そんな彼を心配して、彼の友人が次のようなことを言いました。

「風俗遊びも良いけど、お前も将来のために少しずつ貯金した方が良いぞ。それに、風俗ばっかり行って、病気をもらったらりしたら、どうするんだよ。最近は風俗でHIVへ感染する人も増えてるみたいだし、気を付けた方が良いんじゃないのか?」

すると、ユウタさんはすかさず次のように言いました。

「風俗で性病に感染するなんて、有り得ないから。だって、おれが行っているヘルスで働いている女の子は、月1回しっかり検査してるからな。素人の女の子をナンパして遊ぶよりも、よっぽど安全だぜ」

さて、本当にユウタさんの主張していることは正しいのでしょうか?

風俗でHIVに感染する可能性はある

献血する男性
日本で献血をすると、HIVに感染しているかどうか(陽生か陰性か)を必ずチェックされます。そして、献血によるHIV発見率は、全国平均は10万人に1人です。

しかし、これを関東地域の首都圏に限定すると、その値は10万人に2人となります。また、東京の山の手線圏内に限定すると、その数は10万人に7人の7倍となります。

そして、その範囲をさらに絞って、新宿区の歌舞伎町に近い場所に限定すると、その数が700人にもなったそうです※。

※参考文献 人に聞けない性感染症の問題と解決 林謙治 著

数にして全国平均の700倍です。びっくりするくらいの感染者数だと思いませんか?そして、新宿区の歌舞伎町と言えば、日本有数の歓楽街であり、風俗店も多いです。

もちろん、感染者全員が風俗で働いている女性という訳ではありませんが、全国の700倍の確率で感染者がいるという点から考えて、風俗で働いている女性の感染者も少なからずいるでしょう。

風俗で働く女性
それに風俗嬢の方がいくら検査をしているといっても、毎日性病を検査をしている女性はほとんどいないでしょうし、例え毎日検査をしていたとしても、あなたの前のお客さんがHIVウィルスを持っていたとしたら、次のお客であるあなたが感染する可能性はあります。

もしかしたら、あなたは『私は絶対に大丈夫だし、感染することなんてありえない』と考えているかもしれませんが、今HIVに感染している人のほとんどがそう思っていたはずです。

ですので、もしあなたも風俗に行くのでしたら、誰だって感染する危険があることと、風俗で感染する可能性があるということを理解した上で、ファッションヘルスやピンサロで遊ぶ際には、必ずゴムを着用するようにしてくださいね。

コンドームはHIVだけでなく、クラミジアや淋病のような性病に対しても有効な予防方法です。それから、もし、これまでにコンドーム無しで。フェラチオや素股のようなサービスを受け場合は、感染の危険がありますので、必ず検査をするようにしましょう。

例えば、次のページでは紹介しているようなキットを使えば、自宅で検査をすることが可能ですし、性器だけでなくのどへの感染も含めて検査できます。

⇒ ふじメディカル性病検査キットの特徴【良い点と悪い点

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット