尿道炎 男性 30代

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
尿道炎

尿道炎

30歳くらいの時の話です。当時勤めていた会社に新しい事務員の女性が入社してきました。

別にタイプではなかったのですが、年齢は時分より少し若くスタイルのいい女性でした。仕事をしているうちに、次第にに会話をするようになっていました。

後日会社のメンバーで飲み会があり、二次会、三次会へと続きその場で、酔った勢いで二人でどこかへ行く?と誘ったらすんなりOK。

こうなると後に引けないのでホテルへ直行です。相手もかなり酔っていたのでなすがままでした。

そして、その行為に入り下着を脱がした瞬間にもの凄い異臭がしました。ニオイの元は女性の陰部からです。もう何日も風呂にはいっていないような臭い匂いでした。

それでも、このまま何もしないで別れては彼女を傷つけてしまうと感じて、そのまま性交を行いその夜は別れました。

それから4、5日が経過したくらいのことです。急に背中が痛くなり体が動かせなくなりました。その痛みが2日ほどで治まると、今度は尿道に異様な痒みと痛みが起こり始めました。

そのまま我慢していると数日後にはウミのような黄色い汁が出たんです。これは完全にヤバイと思い泌尿器科の病院へ向かいました。

先生に痒みと痛みと汁の話をすると、性交をしたのはいつごろか聞かれました。答えると背中は痛くなかったか?とも聞かれました。

そして、肛門から指を入れられ尿道の汁を押し出されました。恥ずかしいやら情けないやらで、涙が出そうになりました。

先生から言われたことは「尿道炎」、つまり性感染症です。

性感染症の大半は、潜伏期間があり、背中とかが痛くなって、陰部に症状が現れるそうです。

かなりショックでしたが薬を飲めば治るということで、症状が治まるまではSEXはしないようにといわれました。

尿道炎の治療内容

医師

治療費は薬の料金も入れて5,000円くらいです。薬は真面目に1週間飲み続けることに。すると嘘のように完治しました。

その後、一応念のためにエイズの検査もしましたが大丈夫でした。

※管理人はやしの一言メモ
ふじメディカルの検査キットでもHIVの感染の有無をチェックすることはできます。検査キットの詳細は次の記事で紹介していますので、ご参考にしてください。
【参考】ふじメディカル性病検査キットの口コミ評価


今回は一般女性だったのですが、あの時の異様な匂い、臭い匂いから想像すると、不衛生極まりないような性器に挿入したのが原因だったような気がします。

彼女の性交渉の乱れから感染したことも考えられますが、恐らく、入浴していない、しても綺麗に洗っていない、排尿などがそのまま残って細菌が湧いていたのではないか?と思ってしまいます。

あの日以来、職場で彼女と話をすることはありましたが、当然のことながら性交渉は行っていません。

尿道炎を発症してから注意していること

シャワー

その後、自分なりの対策として、性器も入念に毎日洗うようになりました。自分から相手に移すことは絶対にしたくないので、毎日丹念に性器は洗うようにしています。

それから、酔った勢いで誘うことと、風俗通いも辞めました。とにかく人に言えない病気になり、痛くて気分の悪い思いを経験をしたので、もう夜の遊びは二度としたくありません。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット