B肝炎 性感染症 がん

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
強がりを言う女性

「性感染症なんて、性器が痛くなったり、かゆくなったりするだけだから、感染しても全然問題ないでしょ?」なんてことを、あなたは考えていないですか?

強がりを言う女性

たしかに、性病のほとんどは初期段階では、症状が出るとしても、アソコのかゆみや痛みが少し出るような軽いものが多いです。症状が出たとしても、軽すぎて気づかない人もいるくらいないので、性病のことを軽く見ている人が多いのでしょう。

テレビやラジオなのでも、お笑い芸人やタレントさんが「いやぁ、実は風俗でクラミジアをうつされちゃってさぁ、もうすんごい参ったよ」なんてことを冗談まじりに話していることも、そのような印象を与える原因なのかもしれませんね。

しかし、性感染症というのは、決して油断できるような軽い病気ではありません。それに何よりも注意しなくてはいけないのが、放置しておいても治療できる病気では無いということです。

風邪なら栄養のあるものを食べて、ゆっくり休めば治るかもしれませんが、性感染症は寝ていれば完治することなんて、まずありません。ですので、薬や手術をして、治療をする必要があります。

しかも、性感染症の中には、放置をしておくと命の危険がある病気もあるんですよ。

B型肝炎は死ぬ危険のある性感染症

献血をする女性
性感染症の内の1つに『B型肝炎』という病気があります。肝炎と聞くと、輸血をしなければ、うつらないと考えている方が多いようですが、現在は献血時に検査がされるため、そのルートで感染することはほぼありません。

それよりも危険なのがセックスによる感染です(感染経路について、詳しくは次の記事をご覧ください)。

■参考記事:B型肝炎のことがよくわかる【症状と感染経路

そして、実はB型肝炎いう病気が、命を落とす危険のある性感染症の1つとなります。そのように、危険な病気のために、献血の際にはHIVと同じように、検査をして感染の有無を判定されるんですね。

では、そのB型肝炎にかかると、どのような症状が起こるのでしょう・・・

まず、感染者の内で2割から3割が急性肝炎が発症します。この状態になると、激しい嘔吐、吐き気に襲われるため、多くの人は、この段階で日常生活を送ることが難しくなるでしょう。

そして、その症状がひどくなると、慢性肝炎、肝硬変、肝がんの病気になる人もいます。中には、劇症肝炎という、2人に1人が命を落とす病気になることもあるんです。

ここまでを読んでくださったあなたは、B型肝炎が危険度の高い病気であることを分かって頂けたはずです。

性感染症の中には、そのように危険な病気もあるため、「性病くらい大丈夫だよ」とあなどらないで、心あたりのある方は必ず検査を受けるようにしてくださいね^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット