ピル 性病になる

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
誘う女性

もし、あなたが彼女やパートナーの女性から次のようなことを言われたら、どう思いますか?

「実は私、先月からピルを飲み始めてるんだよね。だから、妊娠する心配は無いし、今はゴムを付けなくても大丈夫だよ♪」

誘う女性

そのようなことを言われたときには、おそらくほとんどの男性は「本当に良いの!?じゃあ、今日は3回はエッチしようよ!」なんてことを、考えるのではないでしょうか。

また、疑り深い用心な男性の場合は、「もしかしたら、本当はピルなんて飲んでないけど、赤ちゃんをつくって、授かり婚を狙ってるんじゃないの?」と考えたりするかもしれませんね^^;

もし、彼女が本当にピルを飲んでいたとしたら、たしかに妊娠の確率は下がります。ちなみに、アメリカでのデータでは、ピルをきちんと飲んでいる女性の場合、避妊の成功率は99.9%です。

コンドームでの避妊成功率は、約90%と言われていますから、それよりも高い数字です。避妊方法としては、かなり有効な手段と言えるでしょう。

また、日本人の男性は欧米の方よりも、ゴムをつけずに生でセックスをすることが好きと言われていますので、冒頭のようなことを彼女に言われたら、コンドームを付けないでする方がほとんどだと思います。

しかし、そのようにナマでセックスをしたがる人たちのほとんどは、とても重要なことを忘れています。

それは、ピルで性病への感染を予防するのは不可能ということです。

ピルでは性感染症は予防できない

ドイツやフランスでは、女性の3人に1人がピルを使用しており、それに関する知識もしっかりと広まっています。一方、日本の場合は普及率はわずか5%程度です。

ほとんど方が避妊のためには、コンドームを使用しており、ピルを使っている人はいません。そのため、ピルの効果についても、勘違いをしている方が多いんですね。

指を立てる医者
そして、勘違いの中でも特に多いのが、『ピルを飲めば、妊娠に加えて、性感染症も予防できる』ということでしょう。

先ほども書きましたが、残念ながらピルでは性感染症を全く予防できません。「ピルを飲んで、10人くらいとセックスしたけど性病にならなかったよ」という人もいるかもしれませんが、それはたまたま感染しなかっただけです。11人目の相手で感染する可能性は十分にあります。

セックス中に性感染症になるのを予防するためには、コンドームをつけることが必要です。そうすることで、初めてクラミジアやHIVへの感染は予防することができます。

いくら彼女にピルを飲んでいるから大丈夫だよと言われても、しっかりとコンドームをつけてセックスするようにしてくださいね。

コンドームの正しいつけ方は以下で解説していますので、念のためにチェックしておきましょう^^

⇒ 性感染症を予防するための『正しいコンドームの付け方』

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット