カンジダ 放置 男

自宅性病検査ができる検査キットを紹介

病院

私は現在34歳の男性です。一年ほど前にカンジダ症にかかりました。

まず初めに感じた異変について、陰茎の亀頭部分や包皮の部分に白いカスのようなものがよくついているのを発見しました。そのときは、ただのカスかなと思って、放置していたのです。

しかし、お風呂で洗い流しても、数時間たってみてみると、もう白い糸のようなものが亀頭部分を張り巡らしているのです。そして乾燥すると、薄い皮になって手でこすると、ペラペラ落ちていきます。

特にかゆみや痛みがあったわけではないのですが、怖くなったので、病院を受診することを決意しました。しかし、症状がでてから病院に行くまでの期間は1年間くらいです。その間、ずっと放置していました。

恋人はいなかったので感染経路

思い当る感染経路は、風俗店です。その頃は恋人もいませんでしたし、定期的に性行為をする相手がいませんでしたので、おそらく風俗店の女の子からもらったのでしょう。

たぶんピンクサロンです。ソープにも行ったことがありますが、ピンサロは少し衛生管理が不潔に感じましたので。

管理人はやしの一言アドバイス

ピンサロだから性病に感染して、ソープやヘルスは感染しないなんて保証はありません。
風俗店に行ってサービスを受けた場合、たとえゴムを付けてプレイしても性感染症に感染するリスクがあることを知っておいてください。
もし、感染が心配ならすぐに性病検査をされることをおすすめします。
【参考】【最新版】性病検査キットの評価ランキング

通院は泌尿器科に行きました。医者に見せると、検査は行わず、見た目の症状だけで「カンジダ症」と診断してくれました。

とても典型的な症状だったようです。白い糸状のものは、カンジダの菌糸だったのです。カンジダはもっと進行すると、亀頭が赤くなってきたりするようですが、私はそこまでは進行していませんでした。

カンジダの治療方法

治療は、カンジダに効く抗真菌剤を塗布するというものです。毎日入浴後に綺麗に陰茎を洗浄したあとに、完全に乾燥させてから、塗布します。入浴時の洗浄ですが、必ずお湯のみで、石鹸などは使わないほうがいいようです。

菌の栄養分になり、繁殖しやすくなるようです。これを毎日続けていると、一週間くらいで菌糸がでなくなりました。

完治したと思って、病院の通院と薬を勝手にやめてしまったのですが、2週間くらいすると、また菌糸が出るようになってしまいました。また病院に行くと、怒られました。きちんとカンジダ菌が全滅するまで、薬は使い続けなければならないといけないそうです。

再び、薬の塗布を再開し、菌糸が消えてなくなってからも1か月間は薬を続けました。医者の判断で、もう大丈夫でしょうとのことでしたので、薬をとめましたが、その後症状は出ずに完治しました。

ちなみに治療費は総額で4000円前後でした。内訳は薬代(クリーム1本)+初診料などです。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット