出会い系 淋病

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
カップル

カップル

初めてかかった淋病、排尿時の激痛でトイレいくのが怖くなった

現在31歳男性ですが、以前に性病に感染したことがあります。私がかかったのは淋病とクラミジア症という二つの性病です。それらに同時感染しました。

症状としては、排尿時に激痛が走ることと、男性器の強いかゆみです。かいてると金玉や包皮が赤く炎症して、さらに痒くなり困りました。

また、淋病になると亀頭から緑色の妙な臭いのする分泌液も出てくるので、パンツの中は気持ち悪くなりますし、排尿時の痛みがものすごかったです。

最初は尿道に変な感じがするって程度だったのが痛みにかわり、違和感を感じてから10日ぐらいもすれば、痛みのあまりトイレに行くのも怖くなるほどでした。

感染の原因は出会い系で知り合った女性

感染の心辺りは出会い系サイトで知り合った20代女性とエッチをしていたので、おそらく彼女が感染源だと思います。

クンニリングスをする時にアソコが臭い女性だと警戒をするようにしてたんですが、彼女も感染してから日がたってなかったのか全然臭さもありませんでしたし、油断して生でエッチしてしまったのが運のつき。

しかも私は仮性包茎なので、こういった病気を少しでも移されると菌が繁殖しやすいせいもあり、簡単に移ってしまったんだと思います。

最初はこれって何だろうって思って、エッチ関係の話の出来る親友に相談したところ、「それは性病感染していて淋病だと思う。ほうっておいても自然治癒はしないから泌尿器科にいって診てもらえ、抗生物質を飲んだらすぐ治るから恥ずかしいとか思わずサッサといけ」と勧められました。

友人に言われたとおり、近所の泌尿器科に行って診察してもらいました。

病院で処方されたクラビットで治療

病院では最初にオシッコをとって検査し、かゆい等の症状を伝えると実際に見せてみなさいと先生に言われたので、見せると亀頭包皮炎も起こしてると診察されました。

初診で判明したのは淋病と亀頭包皮炎で、専門の施設で他の性病検査してもらうために採血をしましたが、その検査については次に病院に行った時まで結果がわからなかったです。

ただ、症状からクラミジアももらってる可能性が強いということで、クラミジアにも効く抗生物質(クラビット)とかゆみどめ、包皮に塗る薬の三つを出してもらいました。

【関連】クラミジア・淋病の治療体験談@2週間クラビットを飲みました

抗生物質を飲み続けて三日ぐらいで症状がかなり軽くなり、トイレも普通にいけるほどに回復しました。一週間目ぐらいには痛みはほぼなくなってましたし緑の分泌液もまったくでなくなってたんですが、包皮の炎症は完全には治っていない状態でした。

2週間目にはすべて完全に治りました。そして、抗生物質はもう一週間分(トータルで3週間分)飲み、それで完治しました。

治療費は国民健康保険で3割負担の支払いですが、これで初診時は色々検査をしたので診察料と薬代のトータルで6500円ぐらいです。

それ以降は診察と抗生物質をもらうだけだったんですが、2回目は2500円ぐらい、3回目は1500円ぐらいだったのでトータルで1万円ちょいってぐらいの治療費がかかりました。

現在性病感染に気をつけてるのは、以前と違って出会い系サイトの利用をやめました。今回は薬で治る病気でしたが、治らない病気をもらう可能性を考えるとそろそろ自重したほうがいいかなと思ったからです。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット