ストレス カンジタ 体験談

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
カンジタ

カンジタ

初めてカンジダを経験してわかったこと

年齢は30歳、女です。ある日突然、陰部がとてつもなく痒く、赤く腫れぼったくなりました。おりものの量もすごく増えました。

もともと肌が弱い方なので、ナプキンやおりものシートなどでかぶれてしまうことも多く、最初はあまり気にしていなかったです。それに市販のデリケートゾーン用の痒み止めのフェミニーナ軟膏を何度か塗っていたので、すぐ治るだろうという気持ちでいました。

しかし、眠れないくらいの痒みに襲われトイレに行ってみたところ、排尿時に痛みを伴い、カッテージチーズのような白いボロボロしたおりものが出てきたのです…。

怖くなって、インターネットで検索したところ「カンジダ」という性病の症状によく似ていることがわかりました。

参考にしたサイトにはカンジダの原因として考えられる要因には、ストレスを感じるとなりやすい、風邪などで免疫力が落ちているとなりやすい、と書いてありました。

【参考】性器カンジタ症のことがよくわかる【症状と感染経路】

引越しをしたときのストレスでカンジタを発症

ちょうどその時期に結婚して見知らぬ土地に引っ越して来ていたので、知らず知らず大きなストレスを感じていたのかなと思います。

カンジダになったころ、ちょうど体調を崩していたので、それとも合致しました。それに仕事もしていましたので、おりものシートを替える頻度が少なく、清潔にできてなかったというのもあると思います。

性病になったという事が初めてでとても恥ずかしく、病院にいくにはかなりの勇気がいりました。ですが、日に日に辛くなる症状に、意を決して近所の産婦人科に行くことに。

治療は膣にお薬を入れる方法

診察してくれた先生は、患部を見るなり「カンジダだね」と言いましたが、一応膣の中のおりものを採取し、検査しました。やはりカンジダだったらしく、治療として錠剤のような薬を膣にいれました。

そして、同じ錠剤を1週間分ほど出していただき帰宅。治療費は3,000円ほどです。

その日から、1日1回分の錠剤を使用し、2~3日でまったく痒みもおりものもなくなり、1週間ほどで完治しました。

カンジダは結構繰り返してしまう病気らしく、初めてカンジダになってから1年後にまた再発しました。その時は病院には行かず、ドラッグストアで購入したカンジダの薬を使用し、1週間くらいでよくなりました。

性病はもうこりごりなので、とにかく清潔に保つことを心がけています。通気性の良い綿の下着を身に着けるようにし、おりものシートをこまめに替え、デリケートゾーン専用の石鹸で丁寧に洗うようにしています。

性交渉をしていると相手にうつってしまう事もあるそうなので、気を付けなくてはいけませんね。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット