トリコモナス症 公衆トイレ

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
トリコモナス

トリコモナス

私は現在27歳の女性です。以前に膣トリコモナス症と呼ばれる性病にかかった事がありますので、そのことをこちらで紹介します。

まず症状としては、性器のかゆみと痛みが出てきて、おりものが緑色の変な色になったきたんです。ちょっとこれはおかしいな?と思い、すぐに病院へ行着ました。

アソコにかゆみが出るのは、よくある事なので気にしないのですが、痛みも伴っていたので日常生活に支障をきたので、婦人科の病院へ行くこと決断しました。

痛みについてですが、動いていると尿道が引き裂かれるようにジーンするような感じです。だから最初は尿道炎なのかなと思っていましたが、おりものも緑色なのでおかしいと思ったのです。

そして性器の中がよりも外側の皮膚が痛み始めて、かゆくてかゆくて仕方がなくなってきました。こんな事を誰にも相談出来ませんし、当時は性病検査キットなんて便利な物があるのを知らなかったので、すぐに病院へ行ったわけです。

ちなみに私はそのとき交際相手も、ましてやセフレもいまえん。ですから、性交は全くしていないのです。そのため、原因を考えたのですが、思い当たるところありませんでした。

感染として疑ったのは、もしかしてこれでは?と疑ったのは『公衆トイレを使用したこと』くらいでした。よく駅などのトイレを利用していましたし、もしかしたらそこで感染ったのかもしれません※。

※ 管理人はやしの追記
トリコモナス感染症は公衆トイレはもちろん、タオルを共有した際にも感染の可能性がある病気です。以下のページで、その点について詳しく解説しています。
⇒ トリコモナス感染症の症状と感染経路

冒頭でも書きましたが、私が向かった病院は産婦人科でした。そこではまず受付で症状を話た後、診察室でお医者さんに話しておりもの検査をしました。

その後、診察台に足を開いて乗り、性器のおりものをこすりとられました。これは本当に恥ずかしかったです。そして、おりものを調べて結果がでるのは一週間後だと言われました。その間もかゆくて仕方がなかったです。

結果、トリコモナスという原虫が私の性器に住み着いているという話でした。それによって引き起こされたかゆみや痛みが、膣トリコモナス症なんだそうです。

治療には本当に苦労しました。まず病院に毎日二週間かけて通い続けなければ治らないらしいので、仕事が終わったらすぐに病院へ向かい、診察台で性器の消毒と膣剤を入れる生活です。

二週間通い終わったらまた検査をしまして、その結果、まだ治っていないと言われてしまい、追加でまた二週間通うことになりました。

なかなか治らないのがこのトリコモナス症の大変なところらしいのです。最後は飲み薬も処方されて、私の性器からトリコモナスという虫が消えるまでに1ヶ月はかかりました。虫といっても、顕微鏡でしか確認できなくて目に見えない程の虫だそうです。

なお、消毒と膣剤で毎日400円程度かかったので合計1万円くらいの治療費となりました。まだ安く済んだ方だと思います。もし治らなかったら、もっとかかったでしょうね。

特にこの性病は公衆トイレや、銭湯などで性交しなくてもかかる可能性がある病気です。そのため、気をつけていても誰でもなる可能性があります。なのでなるべく共有施設は避けたり、もちろん性交時は男性にも配慮してもらう事が大切だと思いました。

とにかく治すのに時間がかかって大変なので、また感染したら早めに行動するようにします。

それから、公衆トイレや共同浴場をよく活用している方は、すぐに感染が発見できるように、定期的に性病検査キットで自宅検査をしておくのも良い方法だと思います。それなら、感染をいち早くキャッチすることができますので、治療も早く終了しますからね。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット