膣カンジタ 治療

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
体験談を語る女性

体験談を語る女性

今から数年前、30代前半の頃に私は膣カンジダに感染しました。気付いたきっかけは、偶然、婦人科に行ったからでした。

性病に感染してるなどと疑いもしていなかった時、人間ドックを受診したんです。それから数日後、検査の結果が届き、そこに婦人科で、とある病気の再検査をするようにと書かれていました。

そして、検査を受けたのですが、その病気に関しては何の問題もありませんでした。ただ、そこで『膣カンジダ』に感染している事を告げられたのです。

別の病気の事ばかり心配しながら受けた検査だったので、性病が判明するなんて思ってもみませんでした。自分が性病になるなんて、正直とてもショックでした。

検査結果

性病というと、不特定多数の男性と遊んでいる方しか、感染しないという勝手ないイメージしか、持っていなかったからです。

全く自覚症状も無かったので、寝耳に水状態。性病の知識も無かったので、とんでもない病気にかかってしまったいう焦りしかありませんでした。

そして、そこど処方された薬は、飲み薬と塗り薬。家に帰ってから、すぐさま局部を確認しました。たしかいに、局部をマジマジと見てみると、何となく赤くなっているような気が..。

普段じっくり観察する場所では無いので、自分でも変化が分かりづらかったのです。自分を普段から観察する事って大事だなぁと後悔しました。でもデリケートな場所だけあって、いつも観察している方が珍しいですよね。まぁ、後悔先に立たずです。

膣カンジダと宣告されてからは、何となくアソコがムズ痒いような症状が出てきました。私は普段から、生理の時など、ナプキンでかぶれやすい体質だったので、その痒みが膣カンジダの痒みだとは気付けなかったんだと思います。痒み慣れしている体質なので。

飲み薬を処方されるとは意外でしたが、これがすぐ効果があったように感じました。痒みなどは軟膏で治すイメージが強かったのですが、内側から治す事も大事なのですね。

私の場合、1週間も経たないうちに、みるみる赤みも痒みもなくなりました。こんなに簡単に治るなら、大して怖がる必要もなかったかなと思ってしまう程。

ただ原因がはっきりしなかったので、それは怖かったです。夫に告白するのも恥ずかしくて、また夫の事も疑いました。夫がよそで性交渉をしてきて、病気に感染して..それが私に移ったのではないかと思ったので。

はっきりと問いただしましたが、否定されたので、それ以上問い詰める事も出来ずじまいです。逆にそっちはどうなんだと聞かれ、唖然としました。そのせいで、何だか夫婦関係もぎくしゃくすることに。

未だに原因ははっきりしていませんが、性器を清潔にするように心がけるようにはなりました。

管理人はやしの追記
カンジタは必ずしも、性交渉やオーラルセックスがが原因で感染するわけではありません。成人女性の約10%は膣内に、元々カンジタ菌がいますので、体調の変化により病気が発症する可能性があるんですね。
例えば、次の記事で体験談を紹介した女性は、性交渉をしていないにも関わらず、膣カンジタを発症しています。
30歳女性のカンジタ体験談【詳しい症状や治療方法・費用の話】

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット