ピンサロ 淋病 ピンポン感染

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
ピンサロ

ピンサロ

この前、風俗で淋病に感染してしまいました。37歳にして初めての感染です。

男なので風俗は結構な頻度で行ってる方だと思います。ただ、性病を移されたのは今回が初めての経験でした。

私が淋病に感染したときに、最初に現れた症状は、朝に起きてトイレでおしっこするときに激痛が走ったことです。尿道に電気が走ったような激痛がして、自分でもびっくりしましたね。

ウソみたいな話ですが、ハチにでも刺されたんじゃないか?と思ったくらいです。

ただ、この時に私の前知識として淋病やその他性病にかかると、排尿時に激痛が走ると知っていました。

風俗仲間の友人に淋病やクラミジア、ヘルペスの感染者はいましたので、これまでに色々な話は聞いていたのです。

そんなわけで、あー自分もすぐに性病だなとすぐに分かりましたね。

それで近所の泌尿器科へ行くことになったのですが、なにしろ初めてのことで分からないことだらけで困りました。

まず、男性の医師がいいなと、女医のいないクリニックをパソコンで検索して調べました。女医さんに性器をだして診察を受けるのは辛いなと思ったからです。

それで男性医師がいる泌尿器科を近所に見つけたので、行き、まずは触診でした。それから血液検査で実際に性病にかかってるかを調べました。

検査漏れだけは避けたかったので、HIVや梅毒などの全てまとめて検査してもらうことにしました。

後日検査結果を聴きにいったところ、私の病名「淋病」。前もって医者からおそらく淋病だろうと聞いていましたので、別段驚きもしませんでしたが、あ~やっぱり性病だったのかと納得しました

治療は、抗生物質を飲むことです。中途半端に薬を飲むのをやめるのは危険をと言われたので、だいたい1ヶ月くらいは服用していました。

そして、改めて検査して淋菌が陰性の結果になったので、治療は終了です。

治療費は大体2万5千円くらいだったと思います。通院も3回で済みました。保険対応でこの金額です。保険対象外だったら、いくらになったんだろうと、考えるだけでも恐ろしくなりますね。

私の場合はその他の検査もあったので価格が高くなったと思います。HIVの検査もしましたので。

ちなみに、HIVとかは保健所で無料で見てもらえるらしいので、私のように風俗遊びが好きな人は定期的に検査するのが良いかと思います。

ピンサロは性病に感染しやすいと思う

風俗

これをご覧になっている方で風俗に行きたいけど、性病が不安だと言う方もいるでしょうから、私が淋病を移されたお店がどんなところだったかを紹介します。

風俗でも色々な種類がありますが、性病の感染率も内容によって変わってきます。

私が行ったところはピンサロといわれるところで、30分で女性が3回入れ替わるというものです。

風俗では一番性病の感染率が高いと言われているのがこのピンサロではないでしょうか?私の友人で性病になった人間も、みんなピンサロで移されたと言っていました。

というのも、女性が10分くらいの感覚で入れ替わるため、他のお客や相手の女性が性病を持っていたら、その場でピンポン感染(感染している男性⇒嬢⇒あなたという流れでの感染)してしまうからです。

フェラなら性病は移らないと思っている方もいるかもしれまえんが、実は淋菌は喉にも繁殖します。

だから、挿入行為や性器同士をすりあわせなくたって、フェラやクンニリングスでも感染してしまいます。

予防としてはたとえ舐めるだけの行為でもコンドームをすることでしょう。私はそれ以降フェラサービスだけと言えども、必ずコンドームを着用するようになりました。

気持ちよさで言えば、もちろんスキン無しの生フェラが良いに決まっていますが、性病に感染するよりは良いに決まっていますからね。

あとは、感染がなかなか気づかずに悪化することもあるみたいです。だから、たとえ症状がでなくても異性と頻繁に性行為をする人や、風俗に行く人は定期的に病院で検査を受けると良いかと思います。

最近は自宅で簡単に性病検査をできるキットもありますので、病院へ行く時間が無い方はそのようなアイテムを活用すれば良いでしょう。

【参考】【最新版】性病検査キットの評価ランキング

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット