クラミジア 20代 女性

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
彼氏からクラミジア

彼氏からクラミジア

29歳の時にクラミジアに感染しました。症状として現われたのが、オリモノが多いように感じたことです。また匂いも独特な感じでした。

具体的に言えば、ドブの中で魚の腐ったような匂いです。なんでこんな匂いがするの心配になって、ネットで調べていたところ、もしかしたら性病の可能性があるのでは?と不安になりました。

性病なんて今まで感染したとこはありません。怖くなって、大きな駅の側にあるレディースクリニックに行きました。

ただ、私に浮気なんてしていませんし、もちろんセフレなんていません。セックスをしているのは彼氏とだけです。そのため、感染経路は明らかでした。

きっと彼が浮気でもして、病気をもらってきたのでしょう…。

すでに1年以上お付き合いしていて、彼のことを信用していたのに大変ショックでした。

レディースクリニックでの検査と治療

女医

病院では男性の先生に診てもらうのは恥ずかしいので、絶対に女性の先生にしてくださいとお願いしました。

性病の感染の有無を調べる方法ですが、子宮の内膜を綿棒のようなものでとり、それを検査に出すというものです。

大体結果が分かるのに1週間程度かかるとのことで、また1週間後に来院するように言われ、その日はそのまま帰されました。

他にもHIVや梅毒の検査も血液検査でしてみては?と言われたのですが、もし陽生だったことを考えると、怖くてHIVの検査はできませんでした。

※管理人はやしの一言メモ
ふじメディカルの検査キット(9項目セットや6項目セット)であれば、HIVも含めて性感染症をチェックすることができます。
検査キットの詳細は以下の記事で紹介していますので、病院へ行かないでチェックしたいと考えている方は、ご参考にしてください。
【参考】ふじメディカル性病検査キットの特徴【良い点と悪い点】


そして、1週間後病院にいってみると検査結果はクラミジア。

ちなみに、クラミジアの感染者は非常に多いらしく、今では5人に1人は一度はかかる病気だそうです。それを聞いて、少しだけ安心しました。

ただ治療もせずに放っておくと、不妊症になったりすることもあるので、大変怖い病気だと言うことも強く言われました。

私は早い段階で気付けたのでその点に関しては不幸中の幸いだったと思います。

なお、治療法は病院で処方された抗生物質を1週間飲み続けること、たったのこれだけです。飲みきらないと完治しないので、その間は一切性行為をしないでくださいと言われました。

あんな裏切り者の彼氏となんかは、頼まれたって二度とセックスはしません。

薬を飲みきったら完治しているか調べるために、再度検査をしましょうとのこと。

彼氏には病院に行ったことと、検査結果を伝え彼も病院に行った方が良いと伝えました。

私の彼氏の場合はあまりはっきりとした症状が出ていなかったようで、私は性病になったことを言うと、唖然とした顔をしていました。

薬を飲みきり再検査に行きました。「再検査の検査結果はメールでお伝えします」と言われ、それで完治していたら病院に来なくても良いとのことです。私は無事に完治していたので、それ以降は病院へ行かなかったです。

治療費は総額で大体ですが5,000~6,000円程度です。もちろん、きっちり彼氏に請求しました。

それ以降、その彼とはもうダメだなと思い別れました。

それから、当たり前ですが、いくら彼氏といえども性病の予防として、コンドームは必要です。今回の経験を通して、それが身に染みました。

いくら自分が真面目にしていても、相手を100%信用はできないですからね。

女性の場合は、不妊症になってしまうという大きなリスクを伴うので、きちんとした性病予防と知識は必要であると感じました。

男性って女性に比べると安易に、性行為に及んだりします。病院の先生もおっしゃっていましたが、性病は潜伏期間もあるので、その間に色んな人と関係を持つとあっという間に広がってしまうので大変怖いです。

自分を守れるのは自分だけです。コンドームをつけるのを彼氏が嫌がったらその人はそれまでの人です。今後その人と関係を、続けていく必要も無いと思います。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット