不倫相手 クラミジア

自宅性病検査ができる検査キットを紹介
不倫

不倫

私の現在の年齢は30歳で女性です。まだ20代前半のときに、妻子持ちの男性とお付き合いをしていました。

特に他に特定の相手やセックスフレンドもいません。当時身体の関係を持っていたのは、この男性1人だけです。

相手の事情もありますし、当然私としましても妊娠しては困るので避妊には特に気をつけておりましたが、1度だけ彼と旅行へ行きました。

普段は人目を避けていたのですが、誰も私たちのことを知る人がいないであろう遠方への旅行ということもあり、お互い気が緩み、避妊具なしにセックスをしてしまったんです。

幸い妊娠することはありませんでしたが、旅行から一週間ほど経過した頃に局部がすごく痒くなり始めました。

はじめは蒸れているのかと思い、お手洗いの際に気をつけて洗浄したり、入浴の際に念入りに洗ったりと清潔にすることを心がけておりました。

ただ、それだけではかゆみが引かなかった薬局へ行きました。そこで、女性の薬剤師さんに症状を話したら、まず産婦人科を受診されることをお勧めされました。

近くに女医さんのいる産婦人科があり、私は予防接種や定期健診などはその産婦人科を利用していたので、勝手を知っており、そこを受診いたしました。個人の開業医の病院です。

産婦人科での診察や治療内容

病院

まずは問診(紙での回答及び先生の話)があり、性病の検査をしようということになりました。内診及び尿検査を行い、しばらく結果を待ちます。

1時間ほど経って検査結果が出ました。私の病気はクラミジアでした。
クラミジア

先生のお話によると、色んな感染経路があり、人によって症状が出る人と出ない人がいること。また発病しても、かゆみなどの症状は人それぞれだということ。

そして、私の話を聞く限り、発病期間や性交渉の時期からして、その男性から感染した可能性が高いとのことでした。

管理人はやしの追記
クラミジアは男女ともに感染に気付きにくいことが特徴の1つです。
しかし、症状は病気は進行しますので、少しでも体調に異変を感じたら、病院へ行くようにしましょう。
また、感染の有無を自宅でチェックするなら、検査キットのようなアイテムがあります。
⇒ 【最新版】性病検査キットの評価ランキング

できれば相手の男性も検査わ受けた方が良いと勧められましたが、関係が関係でしたので、相手の受診は期待できなかったです。

また相手にも話しませんでした。話せば色んなことがこじれそうだったので…。

その後は飲み薬で一週間様子を見てまた受診ということでした。薬を飲み始めて次の日にはかゆみの症状が改善されていきました。

薬

薬は全て飲みきり、一週間後の受診でお医者さんからも完治と診断されました。ちまにみに治療に使用したのは、飲み薬で錠剤と粉薬の2種類です。

治療費は診察が2回で5千円ほど、処方箋が千円ほどでした。その後相手の男性とは体調不良を理由に性交渉をしなかったです。

そのことがきっかけになったのか彼とは別れました。結局、体の関係だけが目当てだったのかと、悲しくなりました。

その後は相手が変わりましたが、性感染症にならないように、避妊具は必ず使用するように気をつけております。

【注目】あなたにぴったりの検査キットがわかる!


性病検査キット